ミューノアージュ育毛剤「Wアプローチヘア」のデメリット

ミューノアージュ育毛剤「Wアプローチヘア」のデメリットはないでしょうか。

 

他サイトも含め徹底的に調べた結果を記載します。

 

1剤、2剤がめんどくさい

圧倒的に多い意見はこちらです。普通の育毛剤なら、1本で済むところが、Wアプローチヘアプログラムの育毛剤は1液を付けて、2液を付ける、そういうルールが存在します。

 


これが2週間分。

 

1剤、2剤にはそれぞれ30mlずつ入っています。

 

1ヶ月分では、1剤を2本、2剤を2本使う計算です。

 

一般的な育毛剤は1本で120mlなどですので、手間に感じますね。

 

その分、「ボトルが小さくて使いやすくて楽」という口コミもありますので、一概にデメリットというほどでもないかもしれません。

 

 

Wアプローチヘアはなぜ育毛剤が2つに分かれてるのか?これについて、理由を公式サイトに確認、管理人の考察も交えて書きましたのでよかったら見てください。

 

めんどくさい!Wアプローチヘアはなぜ育毛剤が2つに分かれてるの?

 

 

薬局など市販で買えない

Wアプローチヘアプログラムの販売店は、東京、仙台、横浜、大阪のわずか5箇所ほどのクリニックでしか取り扱いがありません

 

近所のドラッグストアーなどへ行って購入することはできない育毛剤です。

 

 

また、1980円、3980円のお試し商品は通販限定の商品となっているので、格安のお試し商品の場合は、通販でしか買えません。
実際に手にとって見てみるということができない商品である。ということがデメリットです。

お役に立てましたら、シェアしていただけると幸いです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  



Wアプローチヘアの効果と口コミ トップへ