女性の薄毛、特に生え際はなかなか改善しない?その理由は?有効な対処法とは

 

おでこのあたりの生え際が後退していく薄毛は、男性に多い脱毛のタイプでした。

 

しかし、近年では女性にも生え際の薄毛が増えていて、悩んでいる女性が多くなっています。

 

このような脱毛のタイプを「女性男性性脱毛症FAGA)」と呼びます。

 

生え際の薄毛は改善できるとしても、効果が現れるまでに時間のかかる部分と言われています。

 

 

生え際の薄毛の原因

 

生え際が薄くなっていく原因は、毛根や毛髪に栄養素や酸素が十分に届いていないということが考えられます。

 

その他にも、髪をまとめる際に生え際に引っ張られる力が強くかかったり、ファンデーションが落としきれずに残ってしまい、生え際の毛穴にメイク汚れが残ることも原因になり得ます。

 

このような原因から生え際の薄毛は進行してしまう可能性がありますが、正常な成長・細胞分裂を行えなくなった毛髪はやせて細くなり、産毛のようになってしまいます。

 

 

生え際の薄毛がなかなか改善しない理由

 

生え際は、他の場所に比べて毛細血管が少ない部位であり、比較的毛根が浅い位置にあります。

 

そのため、育毛ケアを行っても本来は血流にのって行き渡るはずの補給した栄養素が届きにくく、育毛の効果が緩慢になります。

 

さらに、頭皮の表面から浅い位置にあるため、引っ張られる力や、ドライヤー、紫外線、ヘアカラーなどの外的ダメージを受けやすいという特性もあります。

 

生え際は血流の少なさと、ダメージの受けやすさから、結果的にダブルパンチで薄毛が回復しにくい箇所と言えます。

 

 

生え際の薄毛には育毛剤

 

生え際は頭頂部などに比べて薄毛の改善が難しく、育毛の効果を実感しにくい場所といえます。

 

しかし、効果が出にくい場所だからこそ、諦めずに頭皮の環境を整え、たくさんの栄養と酸素を送ってあげることが大事です。

 

育毛に役立つ栄養は、普段の食事からでも補えますが、生え際は血管が少ないので、栄養が行き渡りにくいです。

 

そのため、生え際の薄毛改善にはバランスのとれた食事も大切ですが、育毛剤で頭皮に直接たっぷりの栄養を補給してあげることをおすすめします。

 

 

女性の生え際に効果的な育毛剤を選ぶ

 

生え際の薄毛対策でのキーワードは、頭皮の『血流促進』『効率的な栄養補給』です。

 

この2点を大きな目的とする成分が配合された育毛剤を選ぶと、時間はかかりますが、生え際への効果が期待できます。

 

栄養や酸素が行き渡らずに、やせて細くなってしまった生え際の毛を、太くコシのある健康な毛に生まれ変わらせ、育てていくことが必要です。

 

また、生え際にメイク汚れが残らないようにクレンジングを優しく丁寧に行うなど、頭皮へのダメージはなるべく避けつつ、清潔で育毛剤が浸透しやすい環境を整えましょう。

 

育毛剤は、香りやサッパリ感などの使用感ではなく、自分の状態や目的に合ったものを、成分や効果で選ぶようにすることが重要です。

 

女性用に成分が考慮された育毛剤があります。『女性専用育毛剤』を使用したほうが、より効率的な効果を期待できます。

 

女性専用育毛剤は、男性用には含まれていない女性の髪や頭皮に必要な成分が入っていたり、配合のバランスが異なっていたりします。

 

男性用や男女兼用の育毛剤で効果が出なかった方は、一度、女性専用の育毛剤を試してみるのも良いのですよ。

 

私のおすすめは血行促進効果のある「センブリエキス」「酢酸DL-αトコフェロール」などを配合しているWアプローチヘアプログラムです。

 

詳細はこちら
ミューノアージュ育毛剤「Wアプローチヘアプログラム」92%が効果あり!?

お役に立てましたら、シェアしていただけると幸いです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  



Wアプローチヘアの効果と口コミ トップへ