女性の薄毛はハゲているのでなく、髪の毛がやせたことが原因!

 

男性の薄毛は、髪が抜け落ちてハゲてしまっていることが多いです。

 

一方、女性の薄毛は、髪が細くなってしまって薄く見えているというケースが多数です。

 

もちろん女性でも髪の毛が抜けてしまっている場合もありますが、薄毛の箇所もよく見れば、産毛のように細い髪の毛が残っていることがあります。

 

これはハゲてしまったというよりは、髪の毛1本1本が細くなって、地肌が透けて見えてしまうことによって生じる薄毛です。

 

太かった毛髪が加齢やストレス、栄養不足、頭皮の血行不良などにより、やせて細くなってしまう現象を、『軟毛化』と言います。

 

この現象を食い止めるためには、育毛剤による継続的なケアが有効です。

 

育毛剤には、髪の毛を太く、健康な状態に回復させるための成分が配合されています。

 

毎日育毛剤を根気よく使い続けることで、薄毛改善の効果が期待できます。

 

生まれつき髪の毛が細くて柔らかい猫っ毛の方には、残念ながら育毛剤は効果を発揮できません。

 

しかし、軟毛化を感じる方に、育毛剤の使用は有効な手段となるでしょう。

 

 

髪の軟毛化(細毛化)を防ぐには

 

髪の軟毛化を防ぐには、髪を太く健康に回復させる効果のある育毛剤を使用することが、効果的な対処法となります。

 

では、たくさんある育毛剤の中から、どなような育毛剤を選べば、軟毛化に効果的なのでしょうか?

 

私のおすすめは、女性の薄毛に着目して開発された女性用の育毛剤です。女性用の育毛剤は、近頃たくさん開発されています。

 

さらに商品選びに悩むところですが、医師が開発に関わっているものは信頼度が高く、期待が持てますね。

 

例えば、皮膚科専門医が開発した育毛剤の「Wアプローチヘアプログラム」(メーカー:ミューノアージュ)は、評判の良い育毛剤です。

 

髪が痩せて細くなり、地肌が透けて分け目が目立ってしまうという女性におすすめです。

 

ミューノアージュ育毛剤「Wアプローチヘアプログラム」の詳細解説はこちら

お役に立てましたら、シェアしていただけると幸いです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  



Wアプローチヘアの効果と口コミ トップへ