Wアプローチヘアとマイナチュレどっちが良い?

当サイトでは、ミューノアージュの育毛剤「Wアプローチヘアプログラム」は、5つの有効成分とオクタペプチド-2で、結構良い感じの育毛剤ですよ〜ということを書いていますが、他の育毛剤と迷う方もいますよね。

 

今回は、おそらく女性用育毛剤としては一番人気なんじゃないかと思います。
株式会社レッドビジョンから販売されている「マイナチュレ」との比較をしてみたいと思います。

 

それぞれの特徴はこんな感じです。

 

Wアプローチヘアプログラムの特徴

  • オクタペプチド-2という成分で毛母細胞を作る&活性化
  • 有効成分5つ
  • 6108円

 

マイナチュレの特徴

【比較】Wアプローチヘアとマイナチュレどっちがおすすめ?

  • 40万本突破の実績
  • 有効成分3つ
  • 6ヶ月間の全額返金保証
  • 4457円

 

 

マイナチュレの魅力は価格

まず、マイナチュレが売れている要因は、価格ですね。

 

初回は980円というもうタダみたいな価格。これ完全に赤字なはずです。そして気に入ってもらえる人に向けてその後も良心的な価格で販売しています。

 

さらに、6ヶ月もの返金保証です。

 

仮に、両者の育毛剤の中身が同じだとしたら、絶対にマイナチュレでしょうね^^;

 

 

中身はWアプローチヘア有利

ただ、中身で勝負できるのはWアプローチヘアです。

 

有効成分が2つ多いことと、さらにバルジ領域を刺激するオクタペプチド−2を合わせれば、有効成分は6つあるようなもの。

 


Wアプローチヘア

 


マイナチュレ

 

 

これは完全にマイナチュレを含む形になっています。

 

ただ、マイナチュレのミツイシコンブエキスは男性の育毛剤にも使用されていて、有効成分になれるほどの実力がある成分ですが、これを足し算してもマイナチュレの有効成分は4つです。
(実はミツイシコンブエキスは、髪を育てて髪を太く、伸びをはやくするというデータもありますので、薄毛がそんなに進行していない、まだ年齢が若いという方はマイナチュレもおすすめです。)

 

ということで成分をトータルすると、やや分があるのはWアプローチヘアです。

 

 

まとめ

成分はそこそこ欲しい、価格重視の方はマイナチュレ

 

成分が絶対重要という方はWアプローチヘア

 

年齢が30〜40代の方や、薄毛と言ってもまだ若干の余裕がある方は、マイナチュレ

 

年齢が40〜60代の方や、とにかくなんとかはやく直したい方はWアプローチヘア

 

が良いのではないかと思います。

 

最安値・公式サイト


⇒マイナチュレはこちら

 


⇒Wアプローチヘアプログラムはこちら

 

 

お役に立てましたら、シェアしていただけると幸いです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  



Wアプローチヘアの効果と口コミ トップへ