その薄毛の原因は『亜鉛不足』かも?毛髪の成長には亜鉛が必要

 

ビタミンやミネラルは人間の体を健康に維持するために必要不可欠なものです。

 

「美肌のためにビタミンC」「疲労の回復にはビタミンB」など、日頃からサプリメントで目的に応じて、ビタミンやミネラルを補給している方も多いと思います。

 

その中でも、『亜鉛』は髪の毛の成長と維持に欠かせないミネラルです。

 

亜鉛の摂取を意識したことがないという方は、その抜け毛はもしかすると亜鉛不足のせいかもしれません。

 

 

亜鉛のはたらき

 

亜鉛は新陳代謝に関係する酵素をつくる材料になったり、タンパク質の合成に重要な役割を果たします。

 

よって、細胞の生まれ変わりの活発な場所では亜鉛が必要となります。

 

毛髪は、タンパク質を合成してつくられる代謝の活発な箇所なので、亜鉛が不可欠です。

 

亜鉛が不足すると、髪の毛の合成を正常に行えず、軟毛化抜け毛薄毛を招いてしまいます。

 

もちろん、亜鉛だけをたくさん摂取すれば髪に良いというものではありません

 

髪をつくる際には亜鉛が必要ですが、髪の材料はタンパク質です。また、髪の健康を保つためには、その他のビタミンも関与します。

 

ビタミンやミネラルは過不足のないようにバランスのとれた食事を意識したり、不足している栄養素をサプリメントで補ったりすることが大切です。

 

亜鉛のサプリメントは、DHCや大塚製薬などたくさんのメーカーから発売されているので、薄毛が気になるときは試してみてはいかがでしょうか。

 

 

毛髪以外にも亜鉛が必要

 

亜鉛が不足すると髪が細くなったり、脱毛が急に増えたりしますが、頭髪以外にも影響を及ぼします。

 

  • 具体的には
  • 爪がいびつになる
  • 味覚障害
  • 記憶障害
  • 肌荒れ
  • 口内炎
  • インポテンツ
  • うつ
  • 倦怠感
  • 免疫力低下

 

などが引き起こされます。

 

脱毛以外にも上記のような症状がある場合は、亜鉛欠乏症かもしれません。

 

 

亜鉛の摂取法と目安

 

栄養素を摂取するには、食事からバランスよく摂るのが過剰摂取になりにくいベストな方法です。

 

亜鉛を多く含む食物は、牡蠣、ワカメ、ひじき、牛レバー、豚レバー、牛もも肉などです。

 

亜鉛を多く含む食物は普段あまり食べない食材やカロリーの高いものも多く、現代人は亜鉛が不足しがちだと言われています。

 

そこで、手軽に亜鉛を補えるのがサプリメントです。サプリメントを摂取する際には、過剰摂取に注意しましょう。

 

亜鉛の摂取量の目安は、1日あたり男性で12mg、女性が9mgです。

 

過剰摂取は、他のミネラルの吸収を阻害してしまうので、摂り過ぎないように用量を守りましょう。

 

亜鉛を過剰に摂取してしまうと、銅欠乏性貧血やイライラなどの過剰症があります。

 

食事から亜鉛を摂取する場合には、あまり過剰症になる心配はないので気にし過ぎる心配はありません。

 

食事から亜鉛を補給するときは、吸収率があまり良くないので、吸収率を高めるビタミンCを同時に摂るようにすると効率的に摂取できます。

 

また、ビタミンB群は亜鉛のはたらきを助けてくれる栄養素なので、一緒に摂取するのがおすすめです。

 

ダイエット中の女性は特に亜鉛が不足気味になりやすいのです。

 

健康な毛髪を保つためにも、亜鉛の摂取を過不足のないように心がけましょう。

 

亜鉛もビタミンBも入っているマルチビタミンタイプのサプリメントは、手軽でバランスも考えられているのでおすすめです。

 

また、本格的に薄毛を改善したいのなら、栄養素に気を遣うだけでなく育毛剤などの使用も視野に入れてみてはどうでしょうか。

 

92%の人が効果を実感しているというミューノアージュ育毛剤「Wアプローチヘアプログラム」についても詳しく書いていますのでよければご覧ください。

 

お役に立てましたら、シェアしていただけると幸いです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  



Wアプローチヘアの効果と口コミ トップへ