薄毛の前兆に要注意!薄毛サインを見逃さず、早目のケアで進行阻止!

 

なんの前触れもなく急に抜け毛が起こることもあります。

 

しかし、薄毛の前兆とも言えるサインが、頭皮から送り出されているのに見過ごしてしまい、薄毛が進行するケースも多いです。

 

薄毛が進行してしまってからでは、改善できるとしてもかなりの時間がかかります。

 

薄毛のベストな対処法は、髪からのSOSに気付き、育毛剤や育毛シャンプー、生活習慣の見直しなどによって、早めのケアを行うことです。

 

薄毛が進行してしまう前に適切なケアを行い、頭皮の環境を整えることで、薄毛の進行を遅らせたり予防したりするとができます。

 

次に挙げるような症状は、意識していないと見過ごしがちな薄毛のサインです。

 

自分に当てはまっているものがないか、日頃からチェックしておきましょう。

 

 

頭皮がベタつく

 

皮膚のバリア機能として頭皮にも脂分があるものですが、ベタつきがひどいと感じたときはシャンプーやシャンプーの方法を見直した方が良いでしょう。

 

毛穴に皮脂が詰まって、抜け毛を引き起こしてしまう可能性があります。(脂漏性脱毛症)

 

毛穴の皮脂汚れを落とす効果のある頭皮ケアシャンプーの使用をおすすめします。

 

 

フケが多い

 

フケも少しなら誰にでもあるものですが、肩にフケが落ちているなど、量が多いと感じるときは、毛髪の毛穴が細菌感染を起こしてるかもしれません。

 

毛穴に細菌が感染すると大量に発生したフケが毛穴をふさぎ、頭皮の血流を阻害したり、炎症を引き起こし薄毛になる可能性があります。(ひこう性脱毛症)

 

女性に多いロングヘアはドライヤーで乾かしきれず、生乾きになりやすいです。

 

生乾きの状態では雑菌が繁殖しやすくなってしまい、細菌感染のリスクが増えます。

 

また、毎日洗髪していても、ロングヘアはショートに比べると、頭皮までしっかりと洗うことが難しいです。

 

フケが目立つと感じたら、シャンプーやドライヤーを丁寧に行ったり、血行促進に効果のある育毛剤を使ったりすると良いでしょう。

 

ロングの方は、思い切ってショートカットにすることも有効な手段のひとつです。

 

自分の頭皮を健康で清潔な状態に整えやすいように配慮すると良いでしょう。

 

関連記事:薄毛が気になる女性の髪型はショートヘアがいい?

 

 

髪のクセが変わった

 

急に髪の毛がうねったり、今までとは違うクセが現れたらホルモンバランスの乱れから頭皮や毛髪が弱っている可能性があります。

 

女性ホルモンは髪の毛を豊かに保つ役割を担っています。

 

女性ホルモンの分泌量が低下したり、バランスが崩れると、薄毛や脱毛を引き起こすことがあります。

 

睡眠不足やストレス、無理なダイエットは、ホルモンバランスを崩してしまう要因です。

 

急激な髪質の変化を感じたときは、栄養のバランスのとれた食事や育毛サプリメントをとり、十分な休息を心がけ、心身を休ませてあげましょう。

 

このようなサインに気付いたら、頭皮や毛髪のケア方法を見直し、早めに対策をとりましょう。

 

まだ薄毛になっていない段階でも、前兆を察知したら、育毛剤や育毛シャンプー、サプリメントなどでの早めの薄毛予防が有効です。

 

 

関連記事

ミューノアージュ育毛剤「Wアプローチヘアプログラム」92%が効果あり!?

 

お役に立てましたら、シェアしていただけると幸いです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  



Wアプローチヘアの効果と口コミ トップへ